恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜小・中学校受験&英検1級への道のり〜

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学受験&英検1級への道のり〜

無謀な妻をなだめながら取り組む、長女(2024年度)と長男(2026年度)の中学受験&英数学習記録です(→長男の小学校受験は終了!)

(雑記とレビュー)似たもん比較 「伸ばし方」「伸ばす習慣」 タイトルに違いが表れる

中学受験を前提とした、よく似た表紙の2冊。売れているからパクリ? 「伸ばし方」「伸ばす習慣」。内容の違いはタイトルに表れる。 子どもへの指導のノウハウが前者、親の心構えが後者。2冊買うなら「たすき掛け」。 私が住む湾岸地区は中学受験が盛んなエ…

(算数)算数専門塾に通い始めた長女。「パパより面白い」らしい...

新3年の長女が通い始めた算数専門塾は「パパより面白い」。ちょっとショック。 使っている教材は「トップクラス」と「きらめき算数脳」。いたってスタンダード。 でも、ずっと教え方がうまいみたい。やっぱり餅は餅屋。私も負担が軽くなる? 新小3の長女が…

(英語)英検準1級の高い壁...小2はニュース英語の吸収が悪い

準1には不可欠な時事英語。子どもには壁が高い。受かる気がしない。 物語ものから、どうやって経済・環境ものに関心を持って行けるか。 妻は次回を希望するが...。いまはそれが優先事項とはとても思えず。 2019年度英検第3回の一次試験の結果がそろそろ発表…

(算数?)長女、円周率でSiriを起動できることを発見

比較的、算数を得意としている長女。最近、公文で円周率を学ぶ。 円周率でAppleのAI音声アシスタント「Siri」を動かせると発見。 iPhoneやiPadをお持ちの方はお試しを。でも、コツが要ります。 ※今回はジョークネタです。うちは「リビング学習」派です。 長…

(雑記とレビュー)名門校には誰もが納得する理由がある(後編)

・中学受験まっさかり。名門校レビューの後編は中学受験界で著名な2人。 ・首都圏中学受験にほぼ特化した矢野氏と、ルーツ別に全国を網羅したおおた氏。 ・3冊ともおすすめ。読むのは永井氏→おおた氏→矢野氏の順で。 2月に入り、東京・神奈川の中学受験が始…

(敗者は語る)国立専願のお受験する?しない?判断のリミットは今

国立大附属小の受験のためには塾。2月から新学期。今がリミット。 私立併願の親御さんは迷わない。判断が遅いのは「国立専願」の親。 くじ引き全敗覚悟で100万円投資できるか、が判断基準かも。 ひさびさに小学校受験ものです。秋からスタートの国立お受験が…

(算数)「うちの子、天才?」→「あれ?(´д`)...」の年齢はいつごろ?

幼少から計算も図形も覚えがよく、パズル問題は得意な長女。 「かなり賢い」と思っていたが、最近は「あれ?...」が増えた。 扱う分野が広がって、そのなかで不得意分野が目につくだけ? 算数塾が決まり、長女は教材を買いそろえることになりました。 朝倉算…