恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜小・中学校受験&英検1級への道のり〜

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学受験&英検1級への道のり〜

無謀な妻をなだめつつ取り組む、長女パー子(2024年度)と長男のび太(2026年度)の中学受験&英数学習記録です。のび太の小学校受験は2020年度に終了しました

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学校受験&英検1級への道のり〜 - にほんブログ村

(雑記)コロナ→勉強はかどる→親塾最強?

  • 長女は学童に預けることなく自宅学習。わしゃ在宅勤務で親塾。休校って必要?
  • 長女を親塾で指導。めちゃくちゃはかどる。しかも賢くなってる?(親バカ)
  • こと低学年の学習は親塾が最強か。家庭教師や個別指導塾が流行る理由がわかる。

f:id:kyosaika:20200303012953p:plain

長男はまだ保育園に預けられますが、長女は学童が閉鎖されているので、他の学童に入れなければなりません。
ところが、このコロナ騒ぎの余波を受けて夫婦ともども仕事が忙しく、手続きが出来ていません。
そもそも「閉鎖された密集環境が危ない」というのに、学校よりも密度が高く換気の悪い学童に預ける気になりません。
我が国の指導者や高級上級国民たちって、こんなにアホだったですかね。
政治は興味はないですが、今回はさすがに堪忍袋の緒が切れました。
水際作戦失敗野郎どもはゆるしません。次の選挙、覚えておけよ!

と、怒りはここまでとして、
本日は在宅勤務をしながら、長女に「1日の学習メニュー」を作成させてみました。

キクタン×2日分
・公文算数・国語・英語を各5枚
ーーーランチーーーーーーー
・ラズキッズ2本
・アサヒウィークリー記事読み下し2本
漢検ドリル4ページ
ーーーおやつーーーーーーー
・算数パズル(チャレペー2枚)
・算数塾の宿題(トップクラス2ページ)


と書いてました。
盛り込み過ぎなのはまだ、子どもです。
いや、さすがにしんどいよ?
といったのですが、9時から昼休みを挟んで黙々とやっていました。

算数パズルとトップクラスはパパが「解説」し、公文もミスがないかをチェックした程度でしたが、意外に進むもんですね。
私が夕食準備をしていた18時ごろには、あらかた終わってしまいました。

スゴイ進むのでびっくり(゜Д゜)。
普段の学校って無駄が多いのか?と思うと同時に、「こりゃ金持ちは家庭教師をつけるわけだなぁ」と納得しました。
しかも、以前は苦労していた推理問題も結構、解けるようになってきています。

さらに「パパが教えてくれるとすごくわかるから嬉しい!ありがとう!
なんて泣かせる台詞を吐いてくれます。
嗚呼、録画しておけば良かった...あと3年もすれば「臭い。寄るな」とか言われちゃうんでしょうね。

他ブログでTTOさんなども書かれていますが、やっぱり基本は親塾が最強なのかも知れません。
親が教えられない範囲になってきたら、家庭教師か個別指導をつけますかね。
集団だけじゃ、細かいケアができない気がします。
安浪京子センセイは..って1時間2万円。予約で3年待ちですか...スゴイ世界があるもんですね。


(↓よろしければ、ココのボタンをちょっと押して応援してみませんか?)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング