恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜小・中学校受験&英検1級への道のり〜

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学受験&英検1級への道のり〜

家庭で英語教育をしながら、中学受験にも対応できるのか? 長女パー子(2024年度入試)と長男のび太(2026年度入試)の受験&英数学習記録です。今のところまだ家庭教育がメインですが、徐々に塾にも通わせてみたいと思っています。のび太の小学校受験は2020年度に終了しました

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学校受験&英検1級への道のり〜 - にほんブログ村

(雑記)演習問題が足りない→Z会「2週間待ち」(゜Д゜)

f:id:kyosaika:20200409184050p:plain

コロナは収まる気配がありませんね。東京では今日も180人超で1日の最多人数です。
少なくとも、GW明けまで自宅学習が続くことが確定しました。
2ヶ月も外出できないと運動不足にもなりますし、ストレスも多いと思います。
でも、みんな同じ状況です。ものは考え様で「受験勉強のリハーサル」と思うことにしました。
今のうちに、進められる科目はどんどん先取りしつつ、英検も狙っていきます(英検は多分、一発合格は厳しいと思いますが)。

しかし、ここ1、2ヶ月の政府の動きをみていると収束するのか不安ですね。なじみの飲食店が次々と閉鎖してしまい、悲しいです。
安倍ちゃんはじめ、政府の偉い人たちの能力が低すぎますわ...。
日本で政治が一流だったのは、明治維新の頃を除けば皆無かもしれませんね。
維新十傑の多くは当時30代。かたや今の日本はお爺さんさんばっかり...。ダメだこりゃ。

さて、公文も教室が閉まってしまい、手元の問題が足りなくなってきました。
算数塾の問題集もやり尽くしてしまったので、類似の「応用問題」を自作して取り組ませてます
学校から自由課題は受け取りましたが、簡単すぎて復習になりません...。(子どもたちは「余裕!」といって喜んでいますが)

塾は動画配信などで授業をするところもありますが、「動画だけでなく手を動かしたい!」と思い、Z会の通信教育講座を申し込んでみました。自宅のiPadを使ってできるタブレットコースです。

ところが「申し込みが殺到していまして、教材が届くのは2週間後です」とのこと。
やっぱり(-_-;)。考えることはみんな一緒ですねぇ。
とりあえず2週間は手持ちの問題集でやり過ごすことにしました。

Z会が届きましたら、またご紹介します!


(↓よろしければ、ココのボタンをちょっと押して応援してみませんか?)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング