恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜小・中学校受験&英検1級への道のり〜

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学受験&英検1級への道のり〜

家庭で英語教育をしながら、中学受験にも対応できるのか? 長女パー子(2024年度入試)と長男のび太(2026年度入試)の受験&英数学習記録です。今のところまだ家庭教育がメインですが、徐々に塾にも通わせてみたいと思っています。のび太の小学校受験は2020年度に終了しました

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学校受験&英検1級への道のり〜 - にほんブログ村

(雑記)コロナでピアノも遠隔レッスン

f:id:kyosaika:20200428030403p:plain
月曜日はRISU算数の小1授業があったので、のび太がためしに視聴してみました。

これがタダとは、嬉しいですね〜。
簡単ですが、登録なしでお手軽です。こんどは2年生をトライしてみます。

大手受験塾が次々とウェブ遠隔授業を導入してきましたね。
うちは大手受験塾に通っていないので事情は異なりますが、高い授業料を払っていながら、プリントだけだと「金返せ」になると思います。そりゃそうでしょう。

ビデオ方式でも十分おもしろいコンテンツもあります。
パー子が受けている朝倉算数道場も、授業はめちゃくちゃ楽しいですし、講師も優秀ですが、一方向で90分だと集中力を持たせるのに工夫がいります
中断して息抜きさせるとか...。

やっぱり双方向がいいと思います。
向こうからも見られていて、リアクションも求められるほうが緊張感があります。
きちんと集中してくれますよね。

さて。うちのパー子とのび太はしばらくピアノレッスンがお休みだったのですが、ピアノの先生と相談のうえ、ついに遠隔授業を導入しました!
macにzoomを入れてトライです。
背景は適当な壁紙にして、部屋の汚さを隠します。

なお、子どもたちのピアノの先生。びっくりするぐらいのべっぴんさん。
遠隔レッスン始めたのは先生のメアドをゲットするため...ではありません。はい。

ネットを通じるとやっぱり多少は音質の悪さが気になりますが、レッスンであれば遠隔で十分ですね。
これでいいかも?

学校でも、私立の記事をみるとタブレットを渡してもう授業を始めているところもでています。
9月始業説がでるなど、学校再開は遠のいた感じですが、公立小学校もリモート授業を早く導入して欲しいのです。

でも仕組み上、全員が参加できないとダメでしょうから、学校内に1人でもネット環境がない子がいれば導入できません。難しそうです。私立に取り残されますよね...。


おまけです。

前回エントリで紹介しましたが、子どもの英語教育のために加入したNetflix
子どもが寝ている時にこっそり攻殻機動隊を観てしまった...。その世代ですので。

いちおう英語字幕を表示にしました。
妻に見つかっても「これは英語の勉強なんだから!」と言い訳するためです。はい。

↓よければ応援、よろしくです!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2024年度(本人・親)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング

※はてなスターは受験・育児と無関係な人が足跡残すようになったのでやめました。すみません