恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜小・中学校受験&英検1級への道のり〜

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学受験&英検1級への道のり〜

家庭で英語教育をしながら、中学受験にも対応できるのか? 長女パー子(2024年度入試)と長男のび太(2026年度入試)の受験&英数学習記録です。今のところまだ家庭教育がメインですが、徐々に塾にも通わせてみたいと思っています。のび太の小学校受験は2020年度に終了しました

恐妻家リーマンの家庭教育日誌〜中学校受験&英検1級への道のり〜 - にほんブログ村

(雑記)ブログ開始から1年 子どもの学力は...?

  • 英語にかまけて、国語力が落ちているように感じる
  • 日本語での読み聞かせ会話が減ったことが原因かも
  • 学習時間よりも「親の関わり時間」の配分が重要?

f:id:kyosaika:20201022232400p:plain

最近、子どもたちに本や新聞を読ませても「意味がわからない」という場面が増えてきました。
ずっと英文読解中心にしていましたので、国語力が落ちています。

前は読めたじゃん!?という熟語も「えーっと...」という場面が増えてきました。
特に長女・パー子で顕著です。子どもはすぐに忘れちゃいますね。

同音異義語の熟語などは苦手で、送り仮名もよく間違えます。
「これはまずい」ということで、付き添いで新聞を読む&国語の演習問題を入れ、英語は軽くしました。

今後、中学受験で英語は「飛び道具」になると思いますが、まずは日本語の文章を理解しなければ、他の教科の伸びしろが稼げません。

しばらく小学生新聞の読みを本人にまかせていましたが、親がつきそって「これどういう意味?」「これはね。。。」という会話を通さなければ、なかなか身につかないな、と感じます。

親塾をはじめて1年ちょっとですが、どの教科もいえることは、本人の学習時間そのものよりも、親がそばにいて解説(ときには脱線)をしたり、一緒に問題を解いたりするほうが、学習効果が高いと感じます。

「親リソース」をどう配分するかで、低学年のうちは学力の伸びに差が出てくる気がしますね。
ただ、中学年以降は子どもが自主的に「これやりたい」「調べたい」というものを見つけて、一人でどんどん進めるという姿勢も身につけさせたいと思っています。

ところで、当ブログも開始1年を迎えました。

累計のアクセス数は13万7千、記事本数は137です。ちょうど割り切れた!
1本あたり1千PVですね。

多いのはやっぱり去年の小学校受験の記事へのアクセスです。
今年もお受験シーズンになり、流入が増えています。

いつも見ていただいて応援してくださるみなさま、ありがとうございます!
次の1年も頑張ります。引き続きよろしくお願いします。


↓押してもらえると嬉しいです。ほかのパパ・ママさんのブログもこちらからご覧になれます!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

中学校受験ランキング